水に融ける

作詞:岡村綾純
作曲:篠原貞博

目を閉じると海がある
そんな感覚にとらわれる
風を浴び髪を編む
晴れた坂を下る

本を開くと空がある
そんな空想を広げる
熱を帯び水を飲む
冷たさが喉を下る

運河を眺め歩く
太陽に照らされど
きっと冷たい海

水に融けてゆく
思考がうすれゆく
次に目覚めると私は
果てしない空間にいる

ふり返ると陸がある
妙な感慨を覚える
波を呼び星を詠む
流れに身を任せる

水平線がぼやける
月光の道が差して
きっとどこまでも行ける

水に融けてゆく
こころがほぐれゆく
時々寒くなる
だけれど案外冷たくもない

私を飲みこんで
荒げて渦巻き
やがて凪が来て
また流されてゆく

水に融けてゆく
意識がにじみゆく
抱かれるような
甘い気持ちに包まれて
眠りにつく